業績一覧 (2006年1月現在)[予定を含む]

このページへのアクセス回数: 58021 回 [2001年08月31日 以降]


  • 原著論文
  • 学位論文
  • 学会発表
  • 原著論文:

    1. Keiji Kosaka and Katsumi Yonei: A Relativistic WKB Method for Bound States of an Electron in Screened Coulomb Potentials; J. Phys. Soc. Jpn. 60 (1991) 850-861. JPSJ
    2. Keiji Kosaka and Katsumi Yonei: A Relativistic WKB Method for Bound States of an Electron in Screened Coulomb Potentials. II. Examination of the Wavefunction; J. Phys. Soc. Jpn. 60 (1991) 4081-4088. Abstract (PS) JPSJ
    3. Keiji Kosaka: A Local Scaling Approach to the Density Functional Theory of Electronic States of Atoms; J. Phys. Soc. Jpn. 63 (1994) 1325-1336. Abstract (PS) JPSJ
    4. Katsumi Yonei and Keiji Kosaka: One-Electron Energy Levels of Compressed Atoms Based on a Relativistic Thomas-Fermi Model; Rep. Res. Lab. for Surface Science, Okayama University, 7 (1994) 135-147. Abstract (PS)
    5. Keiji Kosaka: A Relativistic WKB Method for Bound States of an Electron in Screened Coulomb Potentials; Laser Interaction and Related Plasma Phenomena 12th International Conference: Osaka JAPAN (April, 1995) 410-415. [Proceeding] Abstract (PS)
    6. R. M. More and K. Kosaka: Wave-Front Curvature in Geometrical Optics; Phys. Rev. E 57 (1998) 6127-6134. PROLA
    7. K. Kosaka and K. Takarabe: Absolute Deformation Potential with a Compressed Atom Model, phys. stat. sol. (b) 235 (2003) 423-426. pss
    8. Keiji Kosaka: Formally Exact Exchange-Correlation Potential in a Local-Scaling Density Functional Theory, J. Phys. Soc. Jpn. 72 (2003) 1926-1931. JPSJ
    9. Keiji Kosaka: A Novel Formulation of a Local-Scaling Density Functional Theory, J. Phys. Soc. Jpn. 73 (2004) 882-884. JPSJ
    10. Keiji Kosaka: A Local-Scaling Current Density Functional Theory, J. Phys. Soc. Jpn. 74 (2005) 561-567. JPSJ
    11. Keiji Kosaka: A Local-Scaling Time-Dependent Current Density Functional Theory, J. Phys. Soc. Jpn. 74 (2005) 2864-2865. JPSJ
    12. Keiji Kosaka: Simple Iterative Procedure for Optimized Effective Potential Method in Density Functional Theory and in Current Density Functional Theory, J. Phys. Soc. Jpn. 75 (2006) 014302. JPSJ

    学位論文:

    遮蔽クーロンポテンシャルの束縛状態に対する相対論的WKB法 (1992年2月) 概要 (PS)

    学会発表:

    1. 小坂 圭二, 米井 克己: 相対論的TF理論に基づく圧縮原子の一電子準位; 日本物理学会第45回年会: 大阪大学(1990年3月)
    2. 米井 克己, 小坂 圭二: 有限温度の相対論的Thomas-Fermi理論; 日本物理学会1990年秋の分科会: 岐阜大学(1990年10月)
    3. 小坂 圭二, 米井 克己: 遮蔽クーロンポテンシャルの束縛状態に対する相対論的WKB法; 日本物理学会1990年秋の分科会: 岐阜大学(1990年10月) 講演概要 (PS)
    4. 小坂 圭二, 米井 克己: 遮蔽クーロンポテンシャルの束縛状態に対する相対論的WKB法II; 日本物理学会1991年春の分科会: 学習院大学(1991年3月) 講演概要 (PS)
    5. 小坂 圭二, 米井 克己: 相対論的WKB法における近似波動関数の吟味; 日本物理学会・応用物理学会 中四国支部例会: 鳥取大学(1991年7月) 講演概要 (PS)
    6. 米井 克己, 小坂 圭二: 高電離イオンに対する相対論的TF模型; 日本物理学会第46回年会: 北海道大学(1991年9月) 講演概要 (PS)
    7. 小坂 圭二, 米井 克己: 相対論的WKB法の高電離イオンへの応用; 日本物理学会第46回年会: 北海道大学(1991年9月) 講演概要 (PS)
    8. 小坂 圭二: 局所尺度変換を用いた原子系の近似解法; 日本物理学会1992年秋の分科会: 東京大学(1992年9月) 講演概要 (PS)
    9. 小坂 圭二: 局所尺度変換を用いた原子系の密度汎関数法; 日本物理学会第48回年会: 東北大学川内キャンパス(1993年3月) 講演概要 (PS)
    10. 小坂 圭二, 米井 克己: 局所尺度変換に基づいた非局所密度汎関数理論; 日本物理学会1993年秋の分科会: 岡山大学(1993年10月) 講演概要 (PS)
    11. 小坂 圭二: 局所尺度変換に基づいた密度汎関数理論; 日本物理学会第49回年会: 福岡工業大学(1994年3月) 講演概要 (PS)
    12. 小坂 圭二, 米井 克己: 強磁場中の原子に対するTF理論:局所尺度変換によるアプローチ; 日本物理学会第50回年会: 神奈川大学横浜キャンパス(1995年3月) 講演概要 (PS)
    13. Keiji Kosaka: A Relativistic WKB Method for Bound States of an Electron in Screened Coulomb Potentials; 12th International Conference on Laser Interaction and Related Plasma Phenomena: Senri Life Science Center, Osaka JAPAN (April, 1995) [Poster Presentation] Abstract (PS)
    14. 小坂 圭二: 強磁場中の原子に対するTF理論:局所尺度変換によるアプローチ II; 日本物理学会1995年秋の分科会: 大阪府立大学(1995年9月) 講演概要 (PS)
    15. 小坂 圭二, 日下政彦, 平井正明, 岩見基弘: 局所尺度変換を用いた密度汎関数理論: 固体物理への応用, 日本物理学会第54回年会: 広島大学(1999年3月) 講演概要 (PS)
    16. 小坂 圭二, 岩見基弘: 局所尺度変換を用いた密度汎関数理論における運動エネルギー汎関数, 日本物理学会2001年秋季大会: 徳島文理大学 徳島校(2001年9月) 講演概要 (PS)
    17. 小坂圭二,財部健一: 局所尺度変換を用いた密度汎関数理論における制限付探索の方法 日本物理学会 第57回年次大会: 立命館大学 2002年3月25日
    18. Keiji Kosaka and Kenichi Takarabe: Deep core level absolute deformation potential in a compressed atom model; 26th International Conference on the Physics of Semiconductors Edinburgh International Conference Centre (EICC), Scotland, UK, 30 July, 2002. [Poster Presentation]
    19. Keiji Kosaka and Kenichi Takarabe: Absolute deformation potential with a compressed atom model; 10th International Conference on High Pressures in Semiconductor Physics University of Surrey, Guildford, UK, August 5, 2002. [Poster Presentation]
    20. 小坂圭二,財部健一: 圧縮原子モデルによる絶対変形ポテンシャル; 第43回高圧討論会: 松山市・愛媛県県民文化会館 2002年11月28日 [Poster Presentation]
    21. 小坂圭二: 局所尺度変換を用いた密度汎関数理論における微分型および積分型のビリアル定理; 日本物理学会 2003年秋季大会: 岡山大学(2003年9月23日)
    22. 小坂圭二: 局所尺度変換を用いた電流密度汎関数理論; 日本物理学会 2004年秋季大会: 青森大学(2004年9月15日)
    23. 小坂圭二: 局所尺度変換を用いた時間依存電流密度汎関数理論; 日本物理学会 第60回年次大会: 東京理科大 野田キャンパス(2005年3月27日)
    24. 小坂圭二: 最適化有効ポテンシャルに対する単純な繰り返し近似; 日本物理学会 2005年秋季大会: 同志社大学 京田辺キャンパス(2005年9月20日)
    25. 小坂圭二: 密度汎関数理論における最適化有効相互作用; 日本物理学会 第65回年次大会: 岡山大学(2010年3月22日) 発表資料
    小坂圭二の部屋へ戻る