日本学術振興会「頭脳循環を加速する戦略的国際研究ネットワーク推進プログラム」
Japan Society for the Promotion of Science
[Program for Advancing Strategic International Networks to Accelerate the Circulation of Talented Researchers]


ミーティング Meeting

Mini Worksyop September 8, 2016

- Local crystal - and electronic-structure studies on novel superconductors -

Date:September 8, 2016
Place:Collaboration Room

14:00-14:05 Opening  T. Yokoya

Session T (14:05-15:45)  Chair:T. Yokoya

14:05-14:45 N.L. Saini  EXAFS and photoemission microscopy of novel superconductors (tentative)
14:45-15:15 K. Kobayashi  Cubic superconductor, AgSnSe2 and its substitution effect
15:15-15:45 T. Wakita  EXAFS and photoemission of CsBi4-xPbxTe6

15:45-16:00 Coffee break

Session U (16:00-17:30)  Chair:K. Horigane

16:00-16:40 M. Nohara  Superconductivity induced by bond breaking of IrTe2 and AuTe2
16:40-17:10 K. Terashima  Electronic states of doped Mott insulator Sr2-xLaxIrO4 studied by ARPES
17:10-17:30 X. Miao  Superconducting properties of (NH3)yNaxMoSe2 under ambient and high pressures

Closing

キックオフミーティング Kickoff meeting  February 29 ー March 1, 2016

日本学術振興会「頭脳循環を加速する戦略的国際研究ネットワーク推進プログラム(頭脳循環プログラム)」
岡山大学プロジェクト「高い超伝導臨界温度を有する超伝導物質の実現を目指す国際研究ネットワーク形成」のキックオフミーティングを下記のとおり開催致します。

日 時:平成28年2月29日(月)12:40ー3月1日(火)15:30
場 所:岡山大学理学部大会議室
参加費:無料(参加自由)
講演者(敬称略):N.L. Saini(ローマ大)、組頭広志(KEK, PF)、野原 実(岡山大)、池田 直(岡山大)、
         V. Ksenofontov(マインツ大)、P.E. Janolin(エコール・サントアル・パリ)、
         J.M. Triscone(ジュネーブ大)、久保園芳博(岡山大)、秋光 純(岡山大) 他

プログラム:Program


キックオフミーティングでは、本学のプロジェクト担当研究者および主要連携研究者であるローマ大学物理学科のN.L. Saini教授、ジュネーブ大学量子物質物理学科のJ.-M. Triscone博士、エコール・サントアル・パリ物理学科のJ.-M. Janoline博士が、超伝導に関する最新の研究成果や今後の研究についての講演を行います。
加えて、マインツ大のVadim Ksenofontov教授をはじめとしたゲストスピーカーによる講演もあります。
参加自由ですので、多くの方のご来場をお待ちしております。