PerlとJAGSでマルコフ連鎖モンテカルロ

[17/08/08 09:44 更新]

このページへのアクセス回数: 121 回 [2017年07月11日 以降]

[2017年8月8日追記: ここで紹介する間に合わせのパッケージの次のバージョンが「PerlとJAGSで赤池情報量基準(AIC)」で紹介されている]

マルコフ連鎖モンテカルロを使ってベイズ推定するプログラムの一つに、JAGS (Just Another Gibbs Sampler) がある。

使ってみようと思ったのだが、R言語を利用する例しか事実上見当たらない。JAGSを直接使う方法は、JAGS自身のマニュアルしか見つからなかった。

なので、最低限のことが出来るような、間に合わせのパッケージを作った。

[「あえてのPerl」に戻る]